院長あいさつ 院長 大沢正秀

 現代医学の主流である西洋医学は多種多様な病気の解明や治療に多大なる貢献をしてきました。今後も発展し続けていくことでしょう。
 しかしその一方で、未だに治療に難渋する例も多く、薬に対する依存性や薬の過剰投与(薬漬け)などの問題も生じています。

 当院では、基本として漢方薬のみによる処方を行っております。西洋医学とは全く違った診方(みかた)で患者さん個々の状態を把握して、その方に合った薬を処方します。
 診療科を問わず西洋医学による治療だけでは行き詰った人たちの駆け込み寺のような存在でありたいと思っております。これこそが当院の存在意義であるともいえるでしょう。

 世間一般では未だに漢方に対する間違った解釈をされていることが少なくありません。
 漢方薬は効くまでに時間がかかるとよく言われますが、これは慢性疾患を扱うのが多いためでしょう。早期に効く例も多くあります。
 また、漢方薬は高いというイメージを持たれている方もおられますが、当院では基本的に保険診療の範囲内で処方しています。

 東洋医学には「未病を治す」という言葉があります。漢方でできる限り心身の状態を整えていくことで、病気になりにくくしたり、病気の進行を未然に防ぐことができれば、それに越したことはありません。つまり東洋医学は予防医学としての側面も併せ持つのです。
 昨今、医療費の高騰が叫ばれて久しくなりますが、予防医学の発展が医療費の抑制に繋がることは言うまでもなく、東洋医学はその改善に大きく貢献できるのです。

ご予約・お問い合わせ TEL.06-4709-7400 診察時間 月曜日・火曜日9:30〜11:00/16:30〜19:00 水曜日・金曜日9:00〜12:00/13:00〜16:00

お知らせ