よもやま話
よもやま ま〜てぃんシリーズ(33)
2018年02月16日
 五蔵(4)

 肺(はい)

 肺は五行では「金」に属します。呼吸を通して「清らかな気」を体に取り入れる働きは、西洋医学でいう肺の機能と共通しますが、東洋医学ではそのほかに、体内の水液代謝に対しての作用なども担っています。肺の機能が異常になると、咳・痰や息切れ、喘息などの呼吸器症状のほかに、津液代謝とも関わっているので、尿量減少や浮腫(むくみ)などの症状も出やすくなります。

 腎(じん)

 腎は五行では「水」に属します。西洋医学的な排尿の働きを含んではいますが、それは一部の働きで、他にもっと重要な働きが多くあります。腎は、人の生長発育と生殖機能にかかわる非常に重要な生命力のもと(=腎精)と考えられています。したがって、性機能や排卵・月経などの周期的変化と関係が深いほか、骨の発育や維持、歯・毛髪などとも深い関係があります。
 
 腎は水液代謝の調節にも関わっています。その機能が低下すると、排尿の異常や夜間尿などの症状が現れます。また、脾や肺などの内臓がはたしている水液代謝方面での機能を促進する働きをも担っています。このようにして、腎は人体の水液代謝の過程の中で終始極めて重要な働きをしています。

 腎は納気作用といって気を納(おさ)める作用があるので、腎が弱ると息が吸いにくくなったりします。

 腎の陰陽は体全体の陰陽に影響を与えやすく、腎の異常によって陰陽失調による全身症状も現れます。

 さて、以上五臓の名称は西洋医学でもお馴染みですよね。ただし、上記の臓器の名称は本来日本東洋医学において設定された名称で、こちらが本家本元なのです。それが幕末に杉田玄白がオランダの医書「ターヘルアナトミア」を日本語訳する際に、解剖学的にみた臓器に東洋医学の五臓六腑の名称をあてはめたことにより、紛らわしくなっているのです。

よもやま話 ] 

ご予約・お問い合わせ TEL.06-4709-7400 診察時間 月曜日・火曜日9:30〜11:00/16:30〜19:00 水曜日・金曜日9:00〜12:00/13:00〜16:00

お知らせ