よもやま話
よもやま ま〜てぃんシリーズ(36)
2018年03月09日
 病の原因としくみ(病因病機)

 病因(3)

 2.内傷の病因
 内傷の病因は人体自体に由来し、日常生活での不摂生や精神的・社会的要因が関与します。内傷の病因は、七情内傷・飲食不適・労倦内傷の3つにまとめられます。

1)七情内傷(しちじょうないしょう)
 七情は喜・怒・憂・思・悲・恐・驚の七種の情志活動を指し、喜・怒・悲・恐・驚など外界の刺激による情緒反応と、憂・思という思惟活動があります。

 七情は本来正常な情志活動であり、一定の範囲内であれば発病因子にはなりませんが、ある範囲を超えると発病因子に変化します。

 悲と憂、および驚と恐は性質が同じで因果関係にあるために同類とみなすこともできます。喜・怒・思・憂・恐を五志として、これらの太過(五志太過)は五臓を傷害します。つまり、ある感情の極端な偏りが、関わりのある臓を直接的に傷つけてしまうのです。

(1)喜と驚は心を傷つける 喜べば気緩み、驚けば気乱る

(2) 怒りは肝を傷つける 怒れば気上る

(3)思は脾を傷つける 思えば気結ぶ

(4) 悲しみや憂いは肺を傷つける 悲しめば気消え、憂えば気欝(こも)る

(5) 恐れは腎を傷つける 恐れると気が下がる

「怒は肝を傷つける。」とありますが、この「怒」は怒りの感情のみではなく、「弩」、「努」といった漢字にも通ずるように、心身の緊張をも含んでいます。本来男性に対して陰であり、ゆったり過ごす女性たちが、社会の荒波の中で日々心身を緊張させて過ごすことは、肝の臓を傷つけやすく、そのサインとして肩こりに苦しんでいることも多いのです。

 五志はバランスよくあるべきであり、現代人は喜が不足しています。喜は笑いが伴います。笑うことで健康になろう、という本もよく見かけますが、バランスを重視する東洋医学から見れば当然のことと言えます。衣食住が一定レベル以上にある日本においては、とくにこの七情の過不足が病因となる例は非常に多いものです。
よもやま話 ] 

ご予約・お問い合わせ TEL.06-4709-7400 診察時間 月曜日・火曜日9:30〜11:00/16:30〜19:00 水曜日・金曜日9:00〜12:00/13:00〜16:00

お知らせ